アキレス腱炎

   

こんなお悩みはありませんか?|泉佐野市 さかもと鍼灸整骨院

  • 起床時や歩き出す時にアキレス腱部が痛い
  • 休むとマシになるが運動すると再び痛みが出る
  • 歩行、ジャンプなど運動をすると痛い
  • アキレス腱部を触ると痛みがあり腫れている
  • シップやサポーターをしているが改善しない

<なぜ痛くなるのか?>

アキレス腱につながるふくらはぎの筋肉の主な作用としては、足関節を下方向に蹴りだす動きです。
繰り返しの運動や日常生活でアキレス腱には負担がかかりやすく、常に小さな断裂と再生を繰り返していると言えます。
この小さな断裂こそがアキレス腱炎の原因と考えられます。

アキレス腱の小さな断裂は、繰り返す運動による疲労の蓄積によって発生します。
組織が再生する過程でアキレス腱に炎症を起こして、アキレス腱炎を引き起こして
しまいます。
アキレス腱炎は運動量の多い人、ジャンプスポーツなどの選手に多くみられ、
オーバーユース(使い過ぎ)症候群の1つでもあります。

<放っておくとどうなるのか>

炎症を繰り返すとその部分が再生しにくくなります。
痛みが繰り返す為、日常生活にも支障が出てくる場合があります。
徐々に痛みが強くなり腫れて、さらに進むと血行障害が起きたり、
しこりができたりします。
靴や靴下が当たるだけでも痛くなることもあります。

<当院での治療方法>

まず痛み(炎症反応)が強い場合は、アイシングや炎症を抑える為の電気治療を行います。
患部の安静を図る為に運動制限と、状態によっては固定も行い、
症状の鎮静化を目指します。
あわせて、運動強度や回数の調整、いつまでに、どのように競技に復帰するか、
治療のゴール設定等、患者様としっかりコミュニケーションを取り方向性を決めます。

症状が落ち着いてきたら軽い運動を開始し徐々に運動強度を上げていきます。
アキレス腱はふくらはぎとかかとの骨を結ぶので、
ふくらはぎの柔軟性と足の裏の筋肉の柔軟性が重要になってきます。
足関節のアライメント(骨や関節の収まり)不良や扁平足、
体のゆがみなどのバランス改善も必要と考えます。
当院では体のゆがみを改善する為に、股関節の柔軟性を高め、整体にて調整を行います。
また、スポーツ時における体の使い方も指導し繰り返し痛みが出ないような身体作りを
目指します。