オスグッド

   

こんなお悩みはありませんか?|泉佐野市 さかもと鍼灸整骨院

  • 膝の下の骨が出っ張ってきて痛む
  • 膝を曲げ伸ばしすると、お皿の下の骨が痛い
  • スポーツを休むと楽になるが、再開すると痛みだす
  • お皿の下の骨が赤くはれたり、熱を持っている
  • ジャンプやダッシュをすると痛くてつらい

どうしてオスグッドになるのか

オスグッドは膝のお皿の下にある骨の出っ張り部分が痛んだり、赤くはれたり、時には熱を持ったりする症状です。

小学高学年~中学生の成長期のスポーツをする男子に多く発症します。バスケット、バレーボールなどのジャンプや、ダッシュ、またボールを蹴るなどの動作が多いスポーツによく発生します。

スポーツにより太ももの前の筋肉が発達していきますが、同時に疲労が蓄積することで筋肉の柔らかさが無くなり、筋肉が成長期の柔らかい骨を引っ張り、剥がれようとして痛みが発生します。

放っておくとどうなるのか

オスグッドは風邪などと違って、「様子をみれば数日で治った」ということはありません。そのままスポーツを続けていけば徐々に痛みが強くなります。

一度発症してしまえば3~6ヶ月痛みが残る場合もあり、長期離脱の可能性もあります。

当院での施術方法

オスグッドの施術の第一選択は運動強度の軽減です。

人によって使い方や、もって生まれた体質、身体の歪み、癖はさまざまですが、一番多くの原因がオーバーユース(使い過ぎ)なので、まずは運動量や強度を減らしてあげる事が大切だと考えています。ただ全く使わずに安静にしていれば良いという訳ではないので、強度を減らして、練習に参加しながら治して行く方法を選択し、経過を観てもらいます。

そして経過を見ながら、週二回程通院して頂き、電気治療、下半身をメインとしたマッサージやストレッチ、膝や股関節などの関節の動きを調整し、悪い癖を取り除く為の運動動作指導、必要ならば骨格矯正も行い、根本改善を目指します。泉佐野市さかもと鍼灸整骨院の交通事故によるむち打ちでお悩みの方へのカウンセリングの様子