ド・ケルバン病

   

こんなお悩みはありませんか?|泉佐野市 さかもと鍼灸整骨院

  • ●スマホを使うと親指の付け根が痛い
  • ●産後から親指の付け根が痛い
  • ●親指を広げたり力を入れると手首が痛くなる
  • ●物を持った際に手首にビリっと痛みがある
  • ●シップ、サポーターをしてるが改善しない

<なぜ痛くなるのか>

ドケルバン病は親指を動かす為の、2本の腱やその腱を覆うトンネル(腱鞘(けんしょう)が炎症を起こしている状態です。炎症を起こした腱や腱鞘が傷つき、痛みが出てきます。また腫れることで腱の滑りも悪くなるので、親指・手首を使うとより炎症が広がり、腫れや痛みといった症状が繰り返します。

ハサミ、パソコンのキーボード、スマートフォンの片手操作等の親指の細かい使い方や
スポーツなどで手の細かい動きや長時間にわたって手首を酷使するような
仕事をしている人たちが発症しやすいと考えられます。

また圧倒的に女性に多いのも特徴です。それは女性ホルモンが関係しており、
まず妊娠・出産で「プロゲステロン」というホルモンが多く分泌せれることで、
腱鞘の動きを悪くすると考えられています。
そこに、育児により親指を酷使する事が重なり症状が出てきます。
そして更年期の時期は「エストロゲン」というホルモンが減少してきて、
それもまた腱鞘に影響を与えてしまう為です。

<放っておくとどうなるのか>

初めは手首の軽い痛みに始まり、放置していたらやがて症状が悪化し激痛で
手や指が使えなくなって日常生活や仕事、子育てに
支障をきたしてしまう場合があります。
患部が腫れ、熱をもつ場合もあります。
また手首をかばう動作を繰り返すうちに、手首意外の肩や肘に痛みを伴う事もあります。
痛みや違和感を感じる場合は早めの対処が大切になります。

<当院での施術方法>

まずは痛み(炎症反応)が強い場合はまずは手を使う頻度を減らして安静を保って頂くことを提案します。状態によっては患部の固定を選択する場合もあります。ただ親指という事もあり、使わずに生活をするという事が難しいので、相談して治療の方向性を探ります。
並行して痛み(炎症)を抑える為に患部へ電気療法を行います。
痛みが和らぎ急性の状態を脱すれば、少しずつ患部のリハビリを行います。
また患部以外の部位に、かばう動作による負担もあるので、
マッサージやストレッチなどを行います。
日常生活や仕事において出来る限り負担を減らす為に指や手首の使い方の指導も行いながら
自宅でのケアも行って頂き、改善を目指します。