下半身のしびれ

   

こんなお悩みはありませんか?|泉佐野市 さかもと鍼灸整骨院

  • お尻から太もものうらにかけて痺れている
  • 座っていると、お尻から足にかけて痛む
  • 寝ていると楽だけど、立っていると太ももの裏が痛む
  • 痛くて湿布を貼ったけど良くならない
  • 自分でマッサージをしてみたけど良くならない

どうしてしびれになるのか

しびれの原因は様々ですが、ここではお尻の筋肉が原因でおこる痺れについてお話しさせて頂きます。
お尻には大殿筋(だいでんきん)と言われるお尻の中でも一番おおきな筋肉がありますが、
運動不足や座り過ぎ、入院などで寝たきりになることにより筋肉が落ちてくると、筋肉が固くなり、弾力性が失われ、その下を走る小指程の太さのある「坐骨神経」を圧迫又は、下へ引っ張る力が働いてしまい
それが原因でお尻から太もも、ふくらはぎなどに痺れや痛みが生じてしまいます。

放っておくとどうなるのか

そのまま放っておくと、痺れや痛みが続き痛くて寝返りや、歩く事もままならなくなってきます。
そうすると余計に動かさなくなるので、さらにお尻の筋肉が落ちてきて、歩く事自体がおっくうになり
さらに症状が進むという、悪循環に陥ってしまいます。また神経と周りの筋肉とがひっついてしまい
動かす度にこすれて痛みが出る様な状態になってしまします。
またお尻の筋肉が低下してくると姿勢も悪くなり、肩や腰にまで負担がかかりしびれ以外の様々な不調が出てきたり、痛みが続く事で精神的に参ってきます。泉佐野市さかもと鍼灸整骨院の運動指導の様子

当院での施術方法

まず、痛みを早く収める為の処置を行います。痛みが落ち着いてきたら、痛みのせいでしばらく動かせていなかった筋肉や関節の動きを取り戻すためのマッサージや関節運動などを行います。

その後動いても痛みが出ないようになって来れば、次の段階として、お尻や太もも回りの筋肉を鍛えるための運動(リハビリ)をしてもらいます。それに合わせて、姿勢も良くしないといけないので、骨格矯正も取り入れていきます。

また自宅での良い姿勢や正しい座り方などの動作指導も併せて行い、患者様と一緒に改善を目指していきます泉佐野市さかもと鍼灸整骨院のカウンセリングの様子