手指の痛み

   

こんなお悩みはありませんか?|泉佐野市 さかもと鍼灸整骨院

  • ・作業していると手首や指が痛くなる
  • ・朝起きると動かしにくい
  • ・手首をひねると痛い
  • ・指を曲げ伸ばしすると痛い
  • ・指の曲げ伸ばしの際カクッと引っかかる

<どのような疾患が考えられるのか?>

<手根管症候群>

親指から中指にかけてしびれや痛みがある場合は手根管症候群が疑われます。
手首から手のひらにかけて、神経が圧迫されることによって現れる症状です。

手の使いすぎや骨折などの怪我、関節リウマチなどの病気によるもの、
女性ホルモンの急激な低下40〜60歳の中年女性、出産前後の女性に多く現れると言われています。

<ドケルバン病>

母指の使いすぎによる負荷のため、2本の腱を覆うトンネル(腱鞘(けんしょう)が炎症を起こしている状態です。
腱鞘が肥厚し、腱の表面が傷むことにより痛みが生じます。腱の滑りも悪くなるので、 親指・手首を使うとより炎症が広がり、腫れや痛みといった不快症状が現れます。 その他の指でも炎症を起こす事もあり、腱鞘炎が進行すると 曲げ伸ばしが困難な「ばね指」に移行していきます。

指を伸ばそうとすると伸びにくく、引っかかりがとれる時にパキッと音が鳴り伸ばせるようになる現象(ばね現象、弾発指)もみられるようになります。

また産前、産後で女性ホルモンのバランスの変化によるものや育児で親指を 沢山使用する為に負担がかかり痛む場合があります。 放置していたらやがて症状が悪化し、激痛で手や指が使えなくなって日常生活や仕事、 子育てに支障をきたしてします。

<TFCC損傷>

転倒、スポーツや日常での不慮の怪我、交通事故などによって、小指側の手首の付け根を痛めている場合はTFCC損傷を疑います。 また加齢による変性や生まれつき前腕の骨が長いことによって、徐々に手首に負担がかかり発症することがあります。
手首を小指側に倒す動作や捻ったり(雑巾を絞る動作等)、手を付くと痛みがでます。

また、スポーツや仕事でのオーバーユース(使いすぎ)によって繰り返しの力によって
症状が発症するケースもあります。

<へバーデン結節、ブシャール結節>

変形が第一関節に起こることを「ヘバーデン結節」、 第二関節に起こることを「ブシャール結節」といいます。 指の関節が腫れて痛むだけでなく、水ぶくれの様なものが現れることもあります。 まれにシビレが出ることもあります。 軟骨の摩耗や関節の隙間が狭くなり徐々に骨が変形します。
指の動きが悪くなり強く握ることが困難で日常生活に支障をきたします。
関節リウマチと症状が似ている為鑑別が必要となります。

<その他の疾患>

手首や指の怪我は骨折などが疑われる場合もある為その際は提携先の病院に行って頂くこともあります

<当院での施術方法>

まずは問診をしっかり行い、そもそも当院で対応できるものかどうかを判断します。当院で対応出来るものと判断し、そこから施術方針を決めます。 急性期であれば安静を保つ為に固定を選択する場合もありますし、 痛み(炎症)を抑える為に患部へ積極的に電気療法をおこないます。

患部以外の部位にはかばう動作による負担もあるので、マッサージや ストレッチなどを行い、経過を観ていきます。

また、慢性化した症状に効果的な体外衝撃波(拡散型圧力波)と言われる機器も当院には 導入しており、なかなか良い施術効果も得られています。 手根管症候群やばね指症状でお悩みの方はご相談下さい。