拡散型圧力波(ショックウェーブ)

   

こんなお悩みはありませんか?|泉佐野市 さかもと鍼灸整骨院

  • ・テニス肘が痛くて良くならず困っている
  • ・足底腱膜炎といわれてそのまま放置している
  • ・アキレス腱の痛みが半年以上続いてる
  • ・外脛骨と言われたけれど早く痛みをとりたい
  • ・肉離れの痛みがダラダラと残っている
<対象となる症状>

【 肩 】   石灰沈着性腱炎 ・ 腱板炎 ・ 凍結肩(四十肩、五十肩)
【 肘 】   上腕骨外側 / 内側上顆炎
【手関節】  手根管症候群 ・ ばね指
【股関節】  転子部腱障害
【 膝 】  膝蓋腱炎 ・ オスグッド
【 足部 】   足底腱膜炎 ・ アキレス腱痛症 ・ 脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)
【その他】 筋肉、腱、関節包の拘縮・癒着による可動域低下の改善。筋、 筋膜の修復 、筋疲労など

<拡散型圧力波 (RADIAL PRESSURE WAVE)とは>

90年代後半からヨーロッパを中心に世界65ヵ国で主にスポーツ選手の腱付着部などの慢性的な痛みに
対して低侵襲ながら有効な治療法として、日本国内においても徐々に広まってきています。

<痛みが改善する原理>

慢性化して治りにくくなっている患部にあえて少し損傷させることで、再び治癒機転を活性させます。
痛みを感じる患部に一定回数の圧力波(圧縮した空気で生み出す強い振動)を照射することで、
①痛みを感じとる神経を一時的に麻痺させ即時的な除痛効果
②患部やその周辺の細胞を活性化させる
③組織の再構成・治癒(回復)を促進させます。
また血流や組織代謝を増加させることで、慢性化した治り難い痛みを取り除くことが期待できます。

Q&A

Q   所要時間は?
A 所要時間は3~5分です
Q 照射中に痛みは伴いますか?
A 照射中は痛みを伴います。患部は痛みますが、それ以外のところは痛くありません。
効果を最大限に引き出す為に、我慢できる範囲で徐々にレベルをあげて行います。
Q   何回くらい必要ですか?
A 通常、一週間に1回 × 5回をワンクールで行います
Q 施術効果はどのくらいですか?
A 完全な除痛効果を保証するものではありませんが、文献によると効果率70%です
患者様により施術効果や期間が異なります。
Q 副反応などはありますか?
A 基本的に安全性が認められていますが、まれに腫脹・発赤・血腫・点状出血・皮膚トラブルがあります。
また、術後痛みが強くなることもありますが一時的に組織を損傷させ回復力を高める反応とご理解下さい
Q 費用はどれぐらいかかりますか?
A 一部位につき3000円です

※いずれも数日で軽快します。