股関節痛

   

こんなお悩みはありませんか?|泉佐野市 さかもと鍼灸整骨院

  • ●長時間歩くと痛い
  • ●動かし始めが痛い
  • ●産前、産後の股関節の痛み
  • ●あぐらをかくと痛い
  • ●階段昇降時に痛い

<どうして痛くなるのか>

股関節は歩いたり、座ったりするなどの日常的に使う部分ということもあり
日々の負担や疲労などが蓄積しやすい場所と言えます。

また股関節は加齢により痛みも出る関節です。ですから普段からの股関節のケアは大切です。
股関節部に症状の出る疾患としましては、
臼蓋形成不全(骨盤の発育不全)や先天性の股関節脱臼、
股関節の軟骨がすり減り、骨が変形することにより痛みが出たり、関節の動きそのものが制限され歩行に障害をきたすケースもあります。

免疫系のトラブルによるリウマチや脚の付け根の骨が壊死してしまう病気もあります。
外傷性のもので事故などによる衝撃が原因で骨折や脱臼をする場合もあります。

それ以外の股関節痛の要因としては、骨盤の歪みや股関節の硬さ、
股関節の使い方などにより、日常生活やスポーツ時における怪我で
痛みが発生してしまいます。

<放っておくとどうなるのか>

股関節痛を放っておいてしまうと、歩行時の痛みや日常生活に支障をきたしてしまい、
股関節そのものに痛みが出てしまい無意識のうちにかばう動作をしてしまうことにより股関節以外の場所にも痛みが出てきてしまいます。

股関節は人間にとって重心をとる為に重要な場所である為、この場所に痛みが出てしまうと
体全体のバランスが崩れることとなり膝や足首、腰などに症状が出てしまいます。

痛みが出てしまうと関節そのものを動かさなくなってしまい、
股関節の周りにある靭帯や筋肉を動かさなくなるので余計に痛みが悪化してしまうこともあります。
股関節に痛みを感じた時は早期の治療やリハビリ、トレーニングが大切になります。

<当院での施術方法>

股関節の痛みをとる方法としましてまず患部に炎症症状がある場合は電気療法などを使い炎症を抑えます。
股関節の動きにはお尻周りの筋肉の柔軟性も必要になる為マッサージし筋肉の硬さを取り、
股関節を動かし柔軟性を出していきます。

最終的なゴールは今後同じような痛みが起こらないように痛みが
ある程度まで下がってきた段階で、体全体のバランスの崩れを骨盤矯正を用いて
元の正しいバランスに戻し、その状態で股関節のストレッチや負担をかけない為の
正しい使い方のトレーニングや自宅でも出来るセルフケアの指導をします。