腸脛靭帯炎

   

こんなお悩みはありませんか?|泉佐野市 さかもと鍼灸整骨院

  • ●走る時に膝の外側が痛いが休むと治まる
  • ●しゃがむ、立ったりする際に膝が痛む
  • ●レントゲンで異常が無いが痛みが引かない
  • ●運動をすると膝の外側が痛くなってくる
  • ●膝の外側のスジを触ると痛い

<どうして腸脛靭帯炎になるのか?>

腸脛靭帯炎は陸上・サッカー・バスケットボールなど走ることが多いスポーツをする方に多く、直接的な原因はオーバーユース(使いすぎ)によるものです。

膝関節の外側のスネの上の部分に太ももからの筋肉がついています。
その部分が膝の曲げ伸ばしの使い過ぎにより太ももの骨とこすれて炎症が生じて痛みが出てきます。
ただ、同じ練習メニューを同じ時間行ったにも関わらず、
症状が出る人と出ない人に分かれます。
単純に使いすぎだけが原因なのであれば、全員に症状が出てもおかしくありません。
それはなぜでしょうか?痛みが出る要因にはランニングフォーム、
下肢のバランスの悪さ、筋肉の柔軟性、疲労の蓄積、フィールドやシューズなど、
さまざまな要因が複合的合わさって症状が出るからです。

<放っておくとどうなるのか?>

腸脛靭帯炎の症状をそのままにしておくと、歩くだけでも膝の痛みが強くなり
膝の曲げ伸ばしができなくなってしまいます。

痛みをかばいながら運動することで、他の筋肉や関節に負担がかかりますます症状がわるくなってしまいます。
痛みによる反射で筋肉も低下する為、さらに膝を支えることができなくなって悪循環に陥ってしまいます。

<当院での施術方法>

施術の第一選択はまずは患部の安静です。
そして電気治療を用いて炎症を早く引かすようにします。
そして痛みのせいで、満足に動かせていなかった膝関節は固まって
動く範囲が小さくなっている為、動きを取り戻すためのマッサージや
エクササイズを行います。

また腸脛靭帯炎の筋肉は骨盤とスネの骨を結ぶ筋肉のため、
骨盤や股関節の動きとも連動するので、
整体で骨盤や股関節の動きのバランスを整えて正しい動きを取り戻し、
定着するためのエクササイズ等の指導も行い痛みを取るだけでなく再発しにくい状態を
めざしていきます。