踵の痛み

   

こんなお悩みはありませんか?|泉佐野市 さかもと鍼灸整骨院

  • ・朝起きて歩き始めが痛い
  • ・運動後に痛む
  • ・つま先立ちをするとかかとが痛い
  • ・長時間の立ち仕事や歩行によりかかとが痛む
  • ・かかとに痛みや腫れがある

<どのような症状があるのか?>

①足底腱膜炎

<どのような症状か?>
足底腱膜は足の土踏まずを支える大切な役割があり、歩いたり、ランニングにおいて、地面からの足への衝撃を緩和するクッションの様な役割をしてくれています。
陸上競技やスポーツ、長時間の立ち仕事歩きすぎ等のオーバーユース(使い過ぎ)で足底筋膜に負担がかかることにより痛みが出現します。

ふくらはぎの筋肉や足裏の硬さ、扁平足、ランニングや歩行などで足底腱膜にストレスがかかることで痛みが出ます。
また足底腱膜はかかとの骨に付着している為、付着部のかかとに痛みが発生します。
またかかとの骨がトゲ状に変形(骨棘)してしまう場合もあります。
足底腱膜炎は難治性の症例の為、慢性化してしまうと改善するまでに数ヶ月もかかることもあります。

②アキレス腱炎

どのような症状か?>
アキレス腱炎とはランニングやジャンプ等の動作を繰り返すことによってアキレス腱に炎症が生じます。
酷使されることの多いアキレス腱は常に小さな断裂と再生を繰り返していると言えます。
オーバーユース(使い過ぎ)症候群の1つです。走 る、跳ぶといった動作時に痛みを感じ、アキレス腱を押した時にも痛みます。

放っておくと日常生活に支障をきたし、運動後にアキレス腱が腫れて動かすたびに
痛みが生じ、症状が進んでくると歩行や階段昇降もできなくなります。
靴や靴下が当たるだけでも痛くなることもあります。
慢性化、再発する前に痛みを感じたら早期に適切な治療をする事をお勧めします。

③アキレス腱滑液包炎

<どのような症状か?>
アキレス腱の滑液包炎は、液体で満たされた袋(滑液包)の炎症で、かかとの後方の皮膚とアキレス腱の間にある滑液包に炎症が起こるものです。

アキレス腱後方の滑液包炎の初期症状は、かかとの後ろの発赤、痛み、熱感などです。
後に、皮膚の一番上の層がすり減ることがあります。
しばらくすると、赤色、または肌色のしこりのようなものができたり、圧痛のある軟らかい袋ができたりします。
アキレス腱後方の滑液包炎が慢性化した場合、その滑液包は硬くなることがあります。

④踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう) 別名(シーバー病)

<どのような症状か?>
10歳前後のスポーツをしている男子に多く起こり、運動の後や朝起きた時などに、かかとの後方に痛みを生じる疾患です。

ランニングやジャンプ動作などの際に、10歳前後の子供は骨が未熟で柔らかく、アキレス腱や足底筋膜によって引っ張られることによって炎症が起こり痛みを引き起こすのが原因とされています。 打撲などがきっかけとなって発症する場合もあります。

また、土踏まずが無いような足(偏平足)の場合もかかとに負担がかかりやすくなります。 踵骨骨端症の約8割の人に、この偏平足があるといわれています。

悪化すると痛みのためにかかとを地面につけられず、つま先立ちで歩くようになります。

⑤その他の疾患

上記の疾患以外に骨折や内臓疾患による痛み等も考えられます。 当院ではエコー使った検査や、徒手での検査を行っておりますが、場合によっては提携先の病院での 精密検査をお願いする事もあります。

<当院での施術>

痛み(炎症反応)が強い場合はまずはその炎症を抑える為の特殊な電気を患部へ当てます。
また患部の安静を図る為に出来るだけ患部の安静をはかる為、運動を制限して頂きます。
ある程度症状が緩和してくると軽い運動を開始し徐々に運動強度を上げていきます。

また、下肢の痛み全般に言える事ですが、股関節周囲やふくらはぎの筋肉の柔軟性や可動性が重要になって患部の処置はしながら筋肉のストレッチングやケアを同時に行います。

足関節のアライメント不良(関節の収まりの悪さ)や扁平足、体のねじれ等も改善する事が症状改善には必要だと考えます。

当院では患部の痛みの改善と合わせて体のねじれを改善する為に股関節の柔軟性を高め、骨盤の調整やスポーツ時における骨盤周囲の体の使い方や繰り返し痛みが出ないようにする為の指導も併せて行います。