脊柱管狭窄

   

こんなお悩みはありませんか?|泉佐野市 さかもと鍼灸整骨院

  • 座っていると痛くないけど歩き出すと痛くなる
  • 長い距離だと、休憩しながらでないと歩けない
  • お尻から足までしびれて辛い
  • 手術を進められているけど、なるべくしたくない
  • 薬を飲んでいるけど、効果があまりない

なぜ脊柱管狭窄になるのか?

脊柱管狭窄症とは、「脊柱管=神経が通る背骨のトンネル」が「狭窄=狭くなる」症状です。

多くの場合は加齢により背骨や靭帯などの性質が変わっていく(変性)したり、椎間板が膨らんだりして徐々に症状が進んで行きます。

神経への圧迫が強くなりだすと、お尻から足にかけての痛みやシビレが出てきたり、排尿障害といってオシッコが出なくなったり、失敗したりする症状が現れてたりもします。

放っておくとどうなるのか?

泉佐野市さかもと鍼灸整骨院の骨盤矯正・産後骨盤矯正の様子そして一番の特徴である、「歩いていると痛みが出てきて、少し休むとまた歩ける」という間欠性跛行の症状が現れてきます。

それから徐々に進行していき足の感覚が鈍くなり、足に力が入りにくくなってきます。

当院での脊柱管狭窄の施術方法

泉佐野市にある、さかもと鍼灸整骨院のヒールキャストギプス固定の様子さかもと鍼灸整骨院では、脊柱管狭窄症と言われたものでも、痛みや、シビレなどの症状が少しでも少なくなるように、体への刺激が少ない方法で頭から骨盤の骨格や筋肉にアプローチをする整体施術を行います。

全身のバランスを整え、腰や股関節まわりの柔軟性を高め、歩きやすいからだ作りをしていく事で回復へと導いて行きます。また辛い症状を抱えていると精神的にもまいってきてしまうので、さかもと鍼灸整骨院では施術はもちろんのこと、利用者様の痛みや辛さに真摯に向き合い、一番いい方法を常に探しながら一緒にゴールを目指していきます毎日つらい痛みを我慢しながらの生活は大変だと思います。どうぞいつでもお気軽にご相談だけでもお待ちしております。