交通事故後の治療の重要性

交通事故に遭った時に考える重要な2つのポイント

このホームページを見ていらっしゃる泉佐野・貝塚にお住まいの方は、おそらく交通事故にご自身があわれた、もしくはご家族やご親戚、ご友人などの親しい方が交通事故にあわれたという方が多くいらっしゃると思います。

突発的に起こる交通事故にあうと、警察や保険会社への連絡や車の修理など、分からない事や初めて遭遇することばかりで、精神的にも大きな負担を抱えます。

そのような大変な時だからこそ、しっかりと冷静に考える重要なポイントが2つあります。

 

ポイント① 自分の身体の状態をよく把握する

交通事故にあい、目に見える外傷や骨折といった大きなけがの場合に、病院や整形外科を受診される方は多いと思います。そしてそれは正しい判断と言えます。
しかしながら、目に見える外傷もなく骨折のような大きなけがでない場合、病院や整形外科を受診する方の数は、少なくなります。そしてそれは注意しなければならないポイントです。
ほんの小さな外傷や痛み、違和感であっても、交通事故にあってから1週間以内に病院や整形外科を受診される事をお勧めします。

受診をお勧めする理由は、将来的に身体へ影響を及ぼすマイナス要因をなくすこと、そしてその影響による経済的なマイナスをなくすことです。この件に関しては、ポイント②の項目で、詳しくご説明いたします。
突然起こった交通事故の後は、考えることややることが多く、手が一杯になりがちですが、そんな時こそ、まずはご自身の身体を一番に考え、病院や整形外科を早めに受診しましょう。

 

ポイント② 適切なタイミングで適切な処置を受ける

「むちうち(頸椎捻挫)」は交通事故が原因で起こる代表的なケガのひとつですが、レントゲンでも分かりづらいケガのひとつでもあります。

大きなケガや骨折の際に、病院や整形外科を受診し、ケガの治療、リハビリを行うことは一般的ですが、むちうち(頸椎捻挫)に関しては、受診や治療を適切なタイミングで適切に行っていない方が多くいらっしゃいます。
むちうち(頸椎捻挫)の治療を、適切なタイミングで必要な治療を受けずにいると、めまいや耳鳴り、首や肩の痛みなどといった症状が、交通事故から時間が経過して現れることが多く見られます。そして、後遺症により、長くつらい思いをされる方も少なくありません。また、治療などに関する正しい情報や知識が少ないために、病院や整形外科で行われる電気治療や痛み止めのみで、ケガの治癒に必要な治療を受けていない方も多くいらっしゃいます。

泉佐野・貝塚のさかもと鍼灸整骨院の得意とする治療は、骨折などのリハビリだけでなく、むちうち(頸椎捻挫)を全身から治療し根本から治癒へと導きます。むちうち(頸椎捻挫)の治療では、必要な補償を受けられるよう、症状が出る前に早めに受診すること。また、後遺症を残したり、つらい症状を長引かせないために、適切なタイミングで適切な治療を受けることが大切なポイントとなります。

 

ポイント①でお伝えした通り、必要な補償を受けるためには、病院や整形外科を、交通事故後1週間以内に受診いただくことが重要となります。

交通事故にあってから、病院や整形外科を受診するまでに1週間以上が経過してしまうと、国が定める自動車強制保険(自賠責保険)の適用外となってしまい、治療費が実費負担となってしまうケースがあります。
自賠責保険の対象となると、交通事故が原因となったケガや精神面でのストレス、そして経済的な損失の補償として、国より治療費や慰謝料などが支給されます。

 

上記のように、治療費などを自己負担することなく治療を受けるためには、適切なタイミングで適切な治療や対応を行うことが大切なポイントとなります。さかもと鍼灸整骨院での、むちうち(頸椎捻挫)の治療では、病院や整形外科での診察を定期的に受けながら、併行して当院で治療を受けていただくことが可能です。

 

 

さかもと鍼灸整骨院のお喜びの声

 
  • 和歌山 30代 怪我

    声

    この病院を通って怪我の症状が良くなっていきました。
    話を親身に聞いてくれて治療もスムーズにいきます。
    先生方も明るくとても接しやすいので今後もお世話になっていこうと思います。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。